今月のオススメ

南魚沼産コシヒカリギフトセット

南魚沼産コシヒカリギフトセット
¥2,380(税込)
使い切りが便利で喜ばれる小袋5袋の詰め合わせセット。計量不要、炊飯窯にお米と2合分のお水を入れるだけで簡単に最高に美味しいお米をお召し上がりいただけます。
お歳暮、お中元などの贈答品に最高級魚沼産コシヒカリが喜ばれています!

幻の餅米「大正餅」を使った大正もち

「大正もち」とは?

大正もち

大正もち

杵と臼でつきあげ

検品

「大正もち」の市場に現れたのは明治時代と言われています。
(明治より未来の『大正』がついているのは不思議ですね)

もち米の品種で栽培が難しい事から昭和30年代あたりに市場から消えた幻のお餅です。

現在、人気の品種『黄金もち』と比べると一目瞭然の違いは、その稲姿。
稲の背丈が20~30cmも高いことから、とても倒穂しやすいデリケートな餅なんです。

病害にも弱いこともあり、わざわざ栽培が面倒なお餅でなくても、そこそこの手間で美味しい『黄金もち』 の方が収量も安定するという事もあり、現在では生産する農家がいなくなってしまった、まさに『幻の餅米』なんです。

その味はまさに絶品!餅自体の味が濃くもち米の旨味をしっかりと感じる事ができます。
また強いコシと柔らかなのびのある滑らかな食感、まさに絶品なお餅です。

ちなみに、同じ『大正餅』の名前を冠するお餅は現在では富山県で『新大正糯(しんたいしょうもち)』が作られていますが、こちらも もち加工したとき舌触りが滑らかでのびが良く、粘り、風味の良さともに非常に評価の高いもち米です。

しっかりとしたコシをもち、噛めば噛むほど餅の味わいが、口に広がってくるのが大正もちの特徴です。 食べ方としては、焼いてもよし、煮ても美味しいのでぜひ一度ご賞味ください。

大正もちの加工風景はこちらからご覧頂けます。

ページトップへ